スポンサー広告 - スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
iRiver iFP-340 - iRiver iFP-340
 個人的に気に入っている韓国ポータブルオーディオメーカーの雄、iRiver

 このiFP-340もとてもよい製品だったのだが、如何せんメモリが64M。
 しばらく買い換えようか悩んでいたところ、Samsungから衝撃的な価格設定の新製品が登場したのでそれを購入することにした。

 一度愛着を持った道具を処分するのは、自分の手足を失うように痛い。
 せめてここに我のiFP-340への想いを記し、別れを悼むことにする。



  • デザイン



  •  今少し洗練されていないものの、丁度手に馴染む大きさで使いやすい。



     ボタンはやや大きく、馴染めば冬物のパーカーの上からでも操作可能。



     Playstationのアナログコントローラのようなナビゲーション部は操作性が秀逸。



     USB端子部分のカバーはゴムで、当初は強度を不安視していたものの、とうとう最後まで何の問題もなく埃から端子を守ってくれている。



     バックライトはブルー。意外性は無いが十分綺麗。



  • スペック

  •  再生周波数:20Hz~20Khz
     ヘッドフォン出力:12mW+12mW(16Ohm)Max
     S/N:90dB(MP3)
     対応形式:mp3、WMA、ASF
     ビットレート:8~320kbps
     LCD:Full Graphic 4line with backlight(Blue)
     39カ国語対応
     バッテリ:1×AA(単三)
     最大再生時間:24Hours
     USB端子(Mini USB B 5pin)



  • 所感

  •  長い間使ったものだから、その善し悪しは十分知っている。
     別れに際して欠点を論うことはしたくないので、ここではよいところを並べるだけとする。


     操作感は軽快。

     スペック上には表現されない部分だから軽視されがちだけれども、月瀬は何か購入するに当たって操作感を重要視するようにしている。

     このiFP-340は、

     起動時間が約一秒。
     スキップ、早送りとも十分高速。
     ボイスレコーディングの詳細にビットレートを調整可能。
     AGC(録音時にボリュームを自動調整)に対応。
     USBマスストレージに対応。

     等々、基本的な部分の操作性が抜群だった。


    そしてポータブルオーディオとして最重要なポイントである音質。
     スペックにある90dBという数字は正しかった。
     当時のCreativeあたりのプレイヤーと比べれば雲泥の差。
     後に登場した高音質HDDプレイヤーMuvo 4Gとはいい勝負だった。

     特にエフェクトは初期設定、ユーザー設定の両者とも十分な音質。
     それまでデジタルエフェクトに持っていた偏見が見事に打ち壊された。

     設定項目は詳細多岐に渡る。
     列挙することはしないが、大部分の人がニーズを満たせるだけの項目数だろう。



  • 最後に

  •  長らく我がジャケット左胸ポケットの友であったiFP-340の、余生に幸多きことを願う。



    スポンサーサイト






    【2005/05/13 19:37】 iRiver iFP-340 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    <<index | ホーム | samsung YP-C1Z>>
    コメント
    コメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://matsurowanumono.blog10.fc2.com/tb.php/4-c45ef4f3
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。